ウィッグ関連情報

HOMEウィッグのお手入れ方法

最終更新日:2017/09/13

ウィッグのお手入れ方法

眠る女性

ウィッグは日ごろのお手入れがとても重要です。お気に入りのウィッグを長く愛用するためにも、ウィッグを洗う際や、お手入れを行う際は、乱雑にせず適切な方法でウィッグを管理しましょう。 ウィッグは、使うたびに洗う必要はありません。 毎日使っているウィッグであっても、7日間から10日間経ってから洗うようにしましょう。ウィッグを洗う際に気を付けるべき点は、水につける前にブラッシングをおこなうことです。静電気が気になるときは静電気を止めるスプレーを振ってから、ブラッシングをしましょう。このブラッシングでも気を付ける点があります。地毛をブラッシングするように、強くしっかりとブラッシングし過ぎてしまうとベースのネットを傷つけてしまう恐れが大いにあります。水で洗う前にウィッグの絡まりが無いようにするべきですが、力加減に気を付けながらブラッシングをしてくださいね。 次に、シャンプーとコンディショナー又はリンスをします。自分自身の髪の毛を洗うようにウィッグに直接シャンプーやコンディショナーはつけないでください。まずは、ウィッグがつかるほどの水を準備し、その中にジャンプーを入れて泡立てましょう。その中にウィッグを浸して、再びブラッシングしてください。 そして、シャンプーをよく洗い流したら、次は、コンディショナーです。シャンプーと同じように、コンディショナーも水に溶かしてください。そして、丁寧に優しくブラッシングします。 ウィッグにファンデーションや化粧品が付着していれば、歯ブラシや指で優しく叩くように落としてください。揉み洗いや、強くゆすぐことは、ウィッグを痛めてしまうので厳禁です。コンディショナーもしっかりと洗い流すことが出来たら、タオルで優しく包み込むように水気をとりましょう。スタンドにかけて、ブラッシングをし、自然乾燥で乾かします。 人毛ウィッグであればドライヤーを使用することもできますが、人工毛やミックスヘアの場合は熱に弱いため、ドライヤーはお避け下さい。 ウィッグが落ち着いたら、静電気防止スプレーをかけてブラッシングをし、お手入れ終了です。 お手入れ用品はウィッグの通販サイトや、ウィッグ専門の店舗で販売しています。長く綺麗にウィッグを使用したい場合はシャンプーやコンディショナー等をウィッグ専用のものの購入をオススメします。 また、基本的にウィッグが安いものであっても、高いものであってもお手入れの方法は一緒です。ですが、ウィッグの毛の種類によってお手入れの方法は違うため、手にしたウィッグ専用のお手入れ方法を、販売店で聞いてしっかりと把握しておきましょう。

一覧はこちら

ウィッグランキング

TOP